クラウンの買取相場

歴代クラウンの概要

1955年、初代のクラウンが登場しました。それから2000年代、2010年代をむかえてもいまだにモデルチェンジを繰り返して生産が続けられており、トヨタ自動車と言う会社を代表するだけではなく、日本の自動車産業を代表する自動車であるとも言われます。

そんなクラウンは現在では13代目までが発売されており、非常に息の長いロングランな自動車であることが見て取れます。この背景には高級セダンであり、昔のセダン以外のバンタイプやステーションワゴンタイプ、ピックアップなども業務用自動車などの用途で活躍していたと言う事実があります。その結果として多くの業界からこのクラウンがサポートされてきたので、今でもトヨタ自動車の看板をはる自動車としてはふさわしいといわれてもいます。初代からその高級車であるという概念は全く変わらず、今でも高級セダンとして位置づけられており、値段も安いとは言い切れません。

ですがその値段に見合っている走行性能やパフォーマンスの高さ、風格などが評価されているために、このクラウンと言う車が高級車として位置づけられるだけにふさわしい実力を持つことが、昔も今も変わらずに証明されていると言っても良いでしょう。

歴代クラウンの概要関連コンテンツ

11代目〜13代目
1999年には刑事ドラマの覆面パトカーなどでよく見かけることの出来る11代目クラウンが登場しました。 ..... >> 続きを読む

4代目〜7代目
1971年、4代目へと進化したクラウンは「トヨペット・クラウン」から「トヨタ・クラウンに変更されまし ..... >> 続きを読む

8代目〜10代目
1987年、先代のイメージとしていた角ばったデザインをのこしつつも、曲線を上手く取り入れることによっ ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ

FX売買損益